.ニキビができやすい方へ|おすすめしたい食べ物 すこやかな肌を保つためには、バランスよ良い食生活が大切なポイントになります。 まずバランスの良い食生活を送ったうえで、特にニキビができやすい方におすすめしたい食材と食べ方をご紹介します。 ニキビができやすい方が、不足しないように積極的に取り入れたいとされているビタミンがあります。 主に「ビタミンA」「ビタミンB2」「ビタミンB6」「ビタミンC」「ビタミンE」の5種類です。 そこで、それらのビタミンを含む食材を、それぞれご紹介します。 ビタミンA ビタミンAは、健康的な皮膚を保つ役割があると言われている栄養素です。 ビタミンAを含む食材には、次のようなものが挙げられます。 にんじん、トマト、ほうれんそう、豚レバー、モロヘイヤ、卵、うなぎ、あなご、こまつな、牛乳 など ビタミンAは脂溶性のビタミンのため、油で炒めるなどして食べることがおすすめです。 ビタミンB2 ビタミンB2は、過剰な皮脂を防ぐ役割があると言われている栄養素です。 ビタミンB2を含む食材には、次のようなものが挙げられます。 卵、納豆、うなぎ、モロヘイヤ、とうがらし、チーズ、アーモンド、よもぎ、どじょう など ビタミンB2は、調理方法による影響を受けにくいとされているため、自分好みの調理法で食べると良いでしょう。 ビタミンB6 ビタミンB6は、ビタミンB2と同じく過剰な皮脂を防ぐ役割があると言われている栄養素です。 ビタミンB6を含む食材には、次のようなものが挙げられます。 まぐろ、にんにく、鶏肉、さんま、牛肉、ピスタチオ、ごま、豚肉、さんま など ビタミンB6をじょうずに取り入れるには、調理などをするよりも、新鮮な状態のまま食べるのがおすすめです。 ビタミンC ビタミンCは、コラーゲンの生成を助ける役割があると言われている栄養素です。 ビタミンCを含む食材には、次のようなものが挙げられます。 赤ピーマン、アセロラ、ゆず、レモン、ピーマン、ブロッコリー、キウイ、キャベツ、いちご など ビタミンCは、水に溶けやすく熱による影響も受けやすいと言われています。そのため調理をするときは、さっと炒めるなど手早く調理をすることをおすすめします。 ビタミンE ビタミンEは、体内の酸化を防ぐ役割があると言われている栄養素です。 ビタミンEを含む食材には、次のようなものが挙げられます。 さつまいも、じゃがいも、アーモンド、落花生、かぼちゃ、うなぎ、ほうれんそう など ビタミンEは、ビタミンCを含む食材と一緒に食べるのがおすすめです。またビタミンEを含む食材自体の酸化は早いとされているので、できるだけ新鮮なうちに食べるとよいでしょう。